旅に出たくなる雑学

新宿から約1時間で行ける。江戸庶民に親しまれた大山詣り

古くから信仰のあった大山

神奈川県伊勢原市にある「大山」は、常に雲や霧を生じ、雨を降らすので、別名「あめふり山」「阿夫利山(あふりやま)」と呼ばれています。山頂には祭りに使ったと考えられる縄文時代の土器片が多く出土していて、縄文時代の頃から信仰があったとされ、江戸時代には「大山詣り」として人気を集めていました。

大山寺からの景色

江戸庶民に親しまれた大山詣り

大山詣りは日本遺産に認定されている

現在の大山には関東総鎮護「阿夫利神社」と関東三十六不動霊場一番札所「大山寺」があります。神仏習合の江戸時代には「石尊大権現」として庶民の信仰を集め、行楽を兼ねた「大山詣り」として賑わいをみせていたそうです。

手形が不要で富士詣りや伊勢参りに比べ敷居が低いこともあり、多くの江戸庶民が足を運んだそうで、当時江戸の人口が100万人の頃、年間20万人もの参拝者が訪れたそうで、年に2回行く人も多かったそうです。

関東三十六不動霊場一番札所「大山寺」

落語に大山詣りを舞台にした「大山詣り」という演目があり、当時の江戸っ子の旅の様子を伺うことができます。信仰ということで、大山詣りが終わるまでは大人しくしているのですが、江戸への帰りは、藤沢などに立ち寄って大騒ぎしていたようです。当時は、信仰や湯治といった目的以外で自由な旅ができなかったので、信仰の旅ということで、みんなで集まって団体旅行のようなかたちで旅をしていたようです。

今でも残る大山道の跡

東京の世田谷区などには今でも当時の江戸庶民が大山へ向かうための道標などが残る場所がいくつかあります。当時の旅路に思いを馳せる場所として訪れてみてはいかがでしょうか。

東京都世田谷区にある池尻稲荷神社
東京都世田谷区三軒茶屋にある大山道の道標
東京都世田谷区弦巻にある蛇崩川洗い場跡(大山詣りする商家の主人)

準備はしっかりと

小田急線「伊勢原駅」からバスで大山ケーブルバス停まで行き、そこから少し歩く(登る)と大山ケーブル駅がありますので、大山寺、阿夫利神社下社まではケーブルカーで行くことができます。

大山観光電鉄|大山ケーブルカー

ケーブルカーで簡単に行くことができますが、山道を歩きますので坂道や階段が多く、履き物など注意して向かってください。また、山頂にある阿夫利神社本社までは険しい山道が続きますので、本社へ行く際は服装や履き物など山登りの準備をきちんとして向かった方がよいです。大山の標高は1252mです。

阿夫利神社本社へ向かう道 下社から山頂までの所要時間は90分と記されている

関連記事

  1. 国鉄時代を今に伝える#2 |ヘッドマークが懐かしい!伯備線 38…
  2. 日本神話の世界|黄泉平坂 〜あの世への入り口!?〜
  3. 歴史を歩く#2 |江戸時代からの風習が関係している!?名古屋のモ…
  4. 現役で走る国鉄時代の車両 キハ185系
  5. 神社散策を楽しもう!|夏越の祓
  6. 懐かしさと新しさがバランスよく共存する尾道の魅力
  7. 蚊遣の置物。なぜ豚なのかご存知ですか?|蚊遣り豚の歴史 
  8. 民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野

おすすめ記事

先祖への感謝、故人へ思いを馳せる旅|日本三大霊場の一つ恐山

青森県下北半島にある恐山は日本三大霊場の一つとして知られています。宇曽利山湖の湖畔にある恐…

歴史を歩く#1| 江戸を席巻した下り酒。灘五郷の日本酒

1300年頃から続く酒どころ西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の五つからなる灘五郷は清酒…

子供の時から鉄道好きで良かった3つのこと

小さい頃に鉄道が好きになっても歳を重ねるにつれて大半の人は興味が薄れてくると思いますが、逆に興味を…

歴史を歩く#3 |昔は川だった!?東京都に多く存在する暗渠を巡る旅

全国各地には下水道の水路になったり、埋め立てられたりしてなくなった河川があります。特に東京都はその…

神社散策を楽しもう!|夏越の祓

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」と呼ばれる祭事が行われます。今回は神社散策が楽しくなる神…

歴史を歩く|平泉の義経と芭蕉 〜 兵どもが夢の跡

全国各地を旅した松尾芭蕉。中でも有名なものが奥の細道の際に東北から北陸を廻った旅です。中尊…

全長5km。わずか7分足らずのミニ路線|美濃赤坂支線

全長5kmのミニ路線東海道本線は東京と神戸を結び、途中横浜、名古屋、京都、大阪など大都市を…

移動を楽しむために。寝台列車がオススメな理由

寝台列車で移動する良さって?かつては日本全国を駆け抜けていた寝台列車ですが、今ではサンライ…

.local|誰もが地方に「もうひとつの居場所」を持つ時代に求められる体験を考える

ワークスタイルやライフスタイルの多様化が進み、都市部で勤務する人たちもテレワークを活用…

歴史を歩く#5|酒問屋で賑わいをみせた江戸の新川の今と昔

酒問屋が軒を連ねた新川東京都の東西線茅場町駅、日比谷線八丁堀駅が最寄駅となり、門前仲町方面…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP