旅に出たくなる雑学

神話と歴史の趣を感じる路線|JR西日本 木次線

木次(きすき)線をご存知でしょうか?
島根県の宍道駅と広島県の備後落合駅を結ぶ81.9kmを3時間ほどかけて走っている路線です。

1日に数本しか列車が走らないローカル線ですが、楽しめるところが色々とありますので紹介していきたいと思います。週末を中心に「奥出雲おろち号」という観光用のトロッコ列車も運転されていますので、こちらもオススメです。

1.おろちループ 三井野大橋

出雲坂根~ 三井野原間の車窓からの眺め。見事な赤い橋を車窓から眺めることができます。

2.三段式スイッチバック

同じく出雲坂根〜三井野原間では、”三段式スイッチバック”と呼ばれるスタイルで勾配を超えていく箇所があります。まず普通に前方に進行していき、一旦出雲坂根の駅に停車。その後向きを変えて、後に進み分岐した線路を登ります。そしてもう一度停車して方向を変えて、再び分岐した線路を三井野原に向かって登っていきます。

ちなみに出雲坂根駅では延命水と呼ばれる湧き水があり、停車中に汲みに行くことができます。

3.亀嵩駅の出雲そば

途中の亀嵩駅は、駅舎内に手打ちそばのお店があり、多くの客で賑わっています。車で食べに来られる方が大半のようですが。実は事前に電話で亀嵩駅の停車時間を伝えてお蕎麦を予約しておくと、車両のドアまで配達してくれるというサービスがあります。空いていれば気兼ねなく車内で出雲そばに舌鼓を打つことができるので、是非オススメです。奥出雲で食べる出雲そばは格別です。

4.趣のある駅舎

途中通り過ぎる駅を車窓から眺めていると、非常に趣のある駅舎が多いのも木次線の特徴だと思います。

有名なところだと神社を模した木造駅舎の出雲横田駅がありますが、それ以外にも懐かしい雰囲気を醸し出しているところが多く、とても魅力的です。

5.出雲神話ゆかりの地

木次線のほとんどの駅には出雲神話にゆかりの愛称が付けられていて、駅に神話の場面が紹介されています。付けられた愛称もその土地ゆかりのものになっているところが多いようですので、是非足を伸ばしてみたいですね。

2020年の秋に備後落合駅から宍道駅に実際に乗車した時に光景を動画に収めています。
動画中の16:06から28:38までが木次線になります。是非こちらをご覧ください。

関連記事

  1. 歴史を歩く#1| 江戸を席巻した下り酒。灘五郷の日本酒
  2. キハ181系特急の迫力|四国の旅を支え続けた”南風&…
  3. 大阪と北陸・東北を結んでいた懐かしの485系特急『雷鳥』と『白鳥…
  4. 民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野
  5. 大阪から北陸、東北へ!懐かしの寝台特急『日本海』と『つるぎ』
  6. 在来線の旅|越美北線
  7. 国鉄時代を今に伝える#2 |ヘッドマークが懐かしい!伯備線 38…
  8. 歴史を歩く#4|280種類も確認されている薬草の宝庫。伊吹山の歴…

おすすめ記事

.local|新しい働き方で生まれる「関係人口」の可能性

テレワークや、コワーキングスペースの活用が企業に浸透し始める中、コロナ禍を体験し、ワー…

北の玄関口「上野駅」を彩った寝台列車

かつて上野駅は東京の北の玄関口として重要な役割を担っていました。中でも寝台列車は特別な存在でした。…

地域の食文化を知る|八丁味噌について

日本各地で様々な種類の味噌が作られていますが、愛知、岐阜、三重では豆味噌が好まれています。…

芭蕉の健脚を支えた、脚の疲れをとるツボ「足三里」

股引の破れをつづり、笠の緒付けかへて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりておくのほそ道 -…

お得な切符情報|北海道&東日本パス

JR各社はそれぞれにフリー切符と呼ばれるお得な切符を販売しています。今回はJR東日本と北海道が販売…

JR東海|豊橋駅のおすすめと見所

今回は東海道本線の在来線旅の際に乗り換えで一旦下車することが多い愛知県豊橋駅の楽しみ方をご紹介して…

1日2往復。国鉄特急色の381系やくもが復活

40年にわたり特急やくも号として伯備線を走り続けた国鉄型特急381系も引退が近づいてきました。20…

沖縄のせんべろ

「せんべろ」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?千円ほどで、お酒を楽しみながら美味しい肴も味わ…

移動を楽しむために。寝台列車がオススメな理由

寝台列車で移動する良さって?かつては日本全国を駆け抜けていた寝台列車ですが、今ではサンライ…

歴史を歩く#2 |江戸時代からの風習が関係している!?名古屋のモーニング

名古屋の食文化となったモーニング食文化の豊かな名古屋には味噌カツ、海老フライ、ひつまぶし、…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP