旅を快適に楽しく

お得な切符情報|JR四国 バースデイきっぷ

JR各社はそれぞれにフリー切符と呼ばれるお得な切符を販売しています。今回はJR四国が販売してる「バースデイきっぷ」をご紹介します。

バースデイきっぷとは?

「バースデイきっぷ」は誕生月の連続した三日間、JR四国の特急列車を含む全線(サンライズ瀬戸は除く)、土佐くろしお鉄道、阿佐海岸鉄道、高速バス以外のJR四国バスが乗り放題になるというとてもお得な切符です。

バースデイきっぷの乗り放題

  • JR四国の特急列車を含む全線(サンライズ瀬戸は除く)
  • 土佐くろしお鉄道
  • 阿佐海岸鉄道
  • JR四国バス(高速バス以外)

値段は大人9,680円、小児4,840円 です。

JR四国 2700系気動車

尚、グリーン車用もありこちらは13,240円です(小児用はありません)。グリーン車用であればに下記観光列車にも乗車可能です(別途予約は必要)。

グリーン車用で追加される観光列車

  • 志国土佐 時代の夜明けのものがたり
  • 四国まんなか千年ものがたり
  • 伊予灘ものがたり

JR四国にはグリーン車のある特急が少ないので、上記観光列車の利用を予定している方や週末にゆっくりと旅をしたい人に向いているきっぷだと思います。

JR四国 2700系気動車|土讃線 あかいアンパンマン列車

また、同一の行程を移動する場合に限り、3名まで「お連れ様用切符」として購入可能です。
なので家族旅行などで利用することも可能です。ただし「お連れ様用切符」のみでは利用不可で、必ず「本人様用」の切符を持っている人の同行が必要になります。

JR四国 185系特急気動車

特急に乗車できるのはフリー切符としては珍しい特典だと思います。四国は四県全てに特急が走っていますし、高知愛媛間の予土線以外は高速で通過することも可能ですので、時には先を急ぎ、時にはリゾート列車でゆったりと、三日間あればかなり自由度の高い旅ができると思います。

JR四国 8600系特急

ここのところ毎年発売されていますが、今のところ2022年3月31日出発分までの販売が確定しています。

ぜひ誕生月は四国の旅に出かけてみられてはいかがでしょうか?

まだある!四国を楽しむお得なフリーきっぷ

JR四国 2000系特急気動車|宇和海

四万十・宇和海フリーきっぷ

このフリーきっぷは、四万十川と宇和海周辺を散策するためのフリーきっぷとなってます。フリー区間のみを利用するフリータイプと松山駅→フリー区間→高知駅か、高知駅→フリー区間→松山駅を利用する片道タイプの2種類があります。

JR四国 予土線|土佐くろしお鉄道 キハ54系気動車

フリータイプ

  • JR線(宇和島〜若井間)の普通列車普通車自由席
  • 土佐くろしお鉄道線(宿毛〜中村〜窪川間)の特急列車及び普通列車の普通車自由席
  • 宇和島自動車(宇和島〜宿毛間)の路線バス

が乗り降り自由で有効期間は3日間、3,760円(小児半額)となっています。

片道タイプ

  • 上記フリータイプの区間と松山駅、高松駅との間は特急列車の自由席が利用可能
  • 松山駅、高松駅とフリータイプ区間の間は重複乗車や逆利用とならない限り、経路上で途中下車が可能

有効期間は4日間、5,040円(小児半額)となっています。松山駅→フリー区間→高松駅、もしくは高松駅→フリー区間→松山駅の移動の際はお得に移動ができますね。

JR四国 土讃線|小歩危駅〜大歩危駅の車窓 吉野川

四国みぎした55フリーきっぷ

このフリーきっぷは、徳島〜室戸〜高知の国道55号に沿った区間の鉄道と高知東部交通バスが乗り降り自由でとなっているフリーきっぷで、連続3日間乗り降り自由で5,000円(小児半額)となっています。

  • JR四国|徳島〜阿波海南 及び後免〜高知間の普通列車の普通車自由席
  • 阿佐海岸鉄道|阿波海南〜甲浦間の代行輸送(バス・タクシー)自由席
  • 高知東部交通|甲浦岸壁〜甲浦駅〜奈半利駅〜安芸駅営業所間の路線バス(高速バス除く)
  • 土佐くろしお鉄道|奈半利〜安芸〜後免間の快速列車・普通列車の普通車自由席
JR四国 予讃線|高瀬駅〜みの駅間の車窓

詳しくはJR四国のWEBサイトで確認してください。

関連記事

  1. お得な切符情報|北海道&東日本パス
  2. JR東海|豊橋駅のおすすめと見所
  3. JR切符の基礎知識① 運賃と料金について
  4. 移動を楽しむために。寝台列車がオススメな理由
  5. 知ってお得に旅しよう!|JR特急の乗継割引について
  6. 欲しい切符を手に入れる方法|購入確率を上げるには?
  7. 重要なのは振り子の原理!?旅歩きに最適な靴とは?選び方のご紹介
  8. 深夜移動の楽しさを満喫|寝台特急サンライズ瀬戸

おすすめ記事

日々の平穏を願う風習|キジ車

日本を見渡すとそれぞれに地域独特のユニークな風習が伝わっています。今回はその中からキジ車と呼ばれる…

伝承の足跡を辿る旅|三種の神器にまつわる徳島の地名や伝承

三種の神器とは草薙剣の他に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と八咫鏡(やたのかがみ)の二つを合わせた…

旅人の体験をデザインする。 – 柳田國男「旅人の爲に」を読んで 1/2

旅は要するに転換であり、人生の一本調子に綾を附ける試みであつた。豆の葉と太陽 -旅人の爲に - …

JR東海|豊橋駅のおすすめと見所

今回は東海道本線の在来線旅の際に乗り換えで一旦下車することが多い愛知県豊橋駅の楽しみ方をご紹介して…

湯治の旅へ出よう。源泉掛け流しのススメ

江戸時代は自由な移動が制限される中、「湯治」を目的とした移動であれば通行手形が出やすかったといわれ…

山陰本線を走っていたキハ181系特急列車

今も昔も米子駅は山陰本線を西と東に分けるターミナル駅です。2021年には国鉄時代から親しま…

食事がもっと楽しくなる “基本味” の話|旅先のお酒と料理を楽しむ

旅先ではその土地の郷土料理や地酒に出会うのも楽しみの一つではないでしょうか。最近では「吟醸…

大阪と北陸・東北を結んでいた懐かしの485系特急『雷鳥』と『白鳥』

485系特急の思い出かつて国鉄が民営化されJ Rが発足する前後の時期、当時は小学校高学年で…

国鉄時代を今に伝える#1|非電化区間を駆け抜けるタラコ色。キハ40とキハ47

現役の国鉄型車両JRが発足したのが1987年の春です。それ以前の国鉄時代に走ってい…

懐かしさと新しさがバランスよく共存する尾道の魅力

YouTubeチャンネルで配信した「旅の楽しさ」でご紹介した尾道旅の詳細をこちらでご紹介します。…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP