旅を快適に楽しく

移動を楽しむために。寝台列車がオススメな理由

寝台列車で移動する良さって?

かつては日本全国を駆け抜けていた寝台列車ですが、今ではサンライズ出雲、瀬戸の二つしか走っていません。リゾート目的のものはいくつかありますが、普段使いの寝台列車がなくなっていくのは寂しい限りです。

中学生の頃は大阪と東京の間に走っていた寝台急行銀河に乗ったのを覚えています。21:30頃に大阪を出て朝6時台に東京に着くようなダイヤだったと記憶していますが、とても便利でした。

先日サンライズ出雲に乗車する機会があったので久しぶりの夜行列車を楽しめました。その際に改めて寝台列車の良い点に気がついたので、これらをご紹介してみたいと思います。

1.寝ている間に移動できる!?

東京駅

まずは時間の無駄が省けるのが大きいと思います。

1日の仕事を終えてから乗車し、翌日の仕事前に目的地に移動できることになります。慌ただしく新幹線で移動して前日ホテルに宿泊して、と考えると寝台料金はリーズナブルです。しかもサンライズ東京着であれば朝7時に着きますので、その時間に東京駅にいれると後の移動もとても便利です。

2.日常から非日常へ。特別感を感じる移動体験!?

ロビー

普段使いの通勤通学の乗客を見ながらゆっくりと横になって寛げるのも寝台列車の醍醐味です。在来線のホームの行き先表示で遠くの地名を見ると、非日常感が高まりますね。

新幹線だと改札口が違うので、改札の時点で非日常を感じますが、普段よく使っているホームから出発することで、日常が少しずつ非日常へと変わっていく特別な感覚を味わう事ができます。

早朝や深夜の時間帯から眺める見慣れた風景が、いつもとちょっと違う雰囲気に感じるのもそんな特別感ではないでしょうか。

3.適度な揺れや雑音でよく眠れる!?

シングル室

列車の適度な揺れや線路の継ぎ目を通過するときの音が心地よい刺激となりよく眠る事ができます。静かすぎるところより適度な雑音があった方が眠りに落ちやすい方も多いのではないかと思います。

ただ実際には客室から車窓を眺めたり、ロビーで友人と談笑したり。寝台列車に乗っているという高揚感が勝ってなかなか寝付けない、という方も少なくないかもしれませんが。

移動時間を楽しむことも旅の醍醐味

残念ながら寝台列車はここ数年でほとんどが姿を消してしまいました。

新幹線や高速バスの全国的な普及も要因だと思いますが、移動手段としてだけでなく、移動時間を楽しむという点では寝台列車の右に出るものはないと個人的には感じています。

移動時間を楽しむこともまた旅の醍醐味です。

今までは速く移動することや安く移動することが優先されてきましたが、これからは快適に、そして移動そのものに特別感や高揚感を感じる寝台列車のような「移動体験」の価値も再発見されてくるのではないでしょうか。

そのためにもぜひ今後も寝台列車には活躍し続けて欲しいものです。

ポッドキャストも併せて聴いてみて下さい!

関連記事

  1. 欲しい切符を手に入れる方法|購入確率を上げるには?
  2. お得な切符情報|JR四国 バースデイきっぷ
  3. 2021年3月13日ダイヤ改正の内容とは?|JR東日本編
  4. 重要なのは振り子の原理!?旅歩きに最適な靴とは?選び方のご紹介
  5. 在来線に乗って、いつもとは違う移動を体験しよう!
  6. 知ってお得に旅しよう!|JR特急の乗継割引について
  7. JR長距離切符の有効期間を活用した「のんびり途中下車の旅」
  8. 烏山線の旅

おすすめ記事

乗り物移動の悩み解決!|むくみに効くツボ

乗り物で移動するときに悩みの一つに脚のむくみがあります。むくみは長時間同じ姿勢でいたりすると出てき…

神話を辿る旅|美保神社

島根県松江市の美保神社は事代主神(ことしろぬしのかみ)と三穂津姫命(みほつひめのみこと)をお祀りす…

歴史を歩く#2 |江戸時代からの風習が関係している!?名古屋のモーニング

名古屋の食文化となったモーニング食文化の豊かな名古屋には味噌カツ、海老フライ、ひつまぶし、…

新宿から約1時間で行ける。江戸庶民に親しまれた大山詣り

古くから信仰のあった大山神奈川県伊勢原市にある「大山」は、常に雲や霧を生じ、雨を降らすので…

湯治の旅へ出よう。源泉掛け流しのススメ

江戸時代は自由な移動が制限される中、「湯治」を目的とした移動であれば通行手形が出やすかったといわれ…

旅人の体験をデザインする。 – 柳田國男「旅人の爲に」を読んで 2/2

旅を或一地に到着するだけの事業にしてしまはうとするのは馬鹿げた損である。豆の葉と太陽 -旅人の爲に…

食事がもっと楽しくなる “基本味” の話|旅先のお酒と料理を楽しむ

旅先ではその土地の郷土料理や地酒に出会うのも楽しみの一つではないでしょうか。最近では「吟醸…

伝承の足跡を辿る旅|三種の神器にまつわる徳島の地名や伝承

三種の神器とは草薙剣の他に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と八咫鏡(やたのかがみ)の二つを合わせた…

歴史を歩く#3 |昔は川だった!?東京都に多く存在する暗渠を巡る旅

全国各地には下水道の水路になったり、埋め立てられたりしてなくなった河川があります。特に東京都はその…

民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野

岩手県遠野は民話の故郷としてして知られています。かつてこの地出身の佐々木喜善が語った現地に伝わる話…

旅を快適に

  1. 烏山線の旅

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

広告

PAGE TOP