地域を繋ぐ活動

.local|新しい働き方で生まれる「関係人口」の可能性

テレワークや、コワーキングスペースの活用が企業に浸透し始める中、コロナ禍を体験し、ワークスタイルはさらに大きく変化を続けている。ネットワーク環境とパソコンがあればどこでも仕事ができる。コミュニケーションが図れる。このことはワークスタイルの多様性だけではなく、移住や地方と都心の2拠点生活など、ライフスタイルの多様性にまで広がりをみせている。

このような中、多様なワークスタイルやライフスタイルに応えるように、広島県三原市では市の産業の活性化と雇用機会の拡大を目的として市内のサテライトオフィス開設やテレワークの実施を促進するため、市外の人に向けて「お試しサテライトオフィス」を提供し、三原市のテレワーク環境としての素晴らしさ、ビジネスの拠点とするメリットを訴求している。

お試しサテライトオフィスとは?

三原市のお試しサテライトオフィスは三原市大和町和木にある廃校となった三原市立和木小学校をリノベーションした施設「和木地域ふれあい交流センター」内にある。和木地区活性化を目的とした活動の中で、「交流」をキーワードに、定住・移住人口増加に向けた取り組みとして市外の人との交流も視野に、サテライトオフィスを整備。

廃校内の施設は新しく、Wi-Fiやシャワー室などの環境も整っている。廃校を活用しているため調理室や放送室はそのまま利用可能で、外にはピザ窯もあり、BBQなどで賑わうことも。「手づくりマルシェ」など地域の交流の場としても賑わっている。

テレワークで生まれる関係人口のカタチ

交流センターでは、地域住民に向けた「お茶の間サロン」や子どもたちに昔ながらの遊びを体験してもらう取り組みなどを行っている。こういった場所に、テレワークやワーケーションといったスタイルで市外から人がやってきて、何気ない地域交流を目にすることができる。この体験は、地域住民のふれあいの場とサテライトオフィスが同じ場所に展開していることの大きな特徴、可能性だと感じる。

何気ない地域交流に出会い、身をおくことで、地域の活気に触れるだけではなく、地域住民の抱える課題や不安にも接し、目に触れていく。こうした交流は特に都市部から訪れた人たちにとって、地域のために何か貢献してみたい、役に立ちたいといった「関係」を築きたい動機となるのではないかと思う。

県外・市外の人たちとの交流の「きっかけ」を作り出すことが難しい中、「和木地域交流センター」は、地域に溶け込むサテライトオフィスとして、新しい関係人口のカタチ、可能性を感じる場所だった。

コンパクトで素朴な三原市の自然を満喫

広島空港から車で15分ほどにある交流センター。この利便性は三原市の中山間部に位置するメリットの一つではないかと思う。また、交流センターから市街まで30分程度で行くことが可能で、山・海を一度に体験できる三原市のコンパクトで素朴な自然も、ここで仕事をする大きなメリットの一つではないか。心を休め気持ちを新たに仕事に取り組める環境は、これからのサテライトオフィスに求められる条件なのかもしれない。

関連記事

  1. .local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える
  2. .local|「社会へポジティブな影響を残したい」ワーケーション…
  3. .local|誰もが地方に「もうひとつの居場所」を持つ時代に求め…

おすすめ記事

JR東海|豊橋駅のおすすめと見所

今回は東海道本線の在来線旅の際に乗り換えで一旦下車することが多い愛知県豊橋駅の楽しみ方をご紹介して…

日本神話の世界|黄泉平坂 〜あの世への入り口!?〜

墓石のルーツ!? 黄泉平坂とは?島根県の東に黄泉比良坂(よもつひらさか)と呼ばれる場所が…

伝承の足跡を辿る旅|三種の神器にまつわる徳島の地名や伝承

三種の神器とは草薙剣の他に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と八咫鏡(やたのかがみ)の二つを合わせた…

.local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える

都心で展開される自治体のアンテナショップは、県で展開しているものに加え市町村単位で展開され…

歴史を歩く#1| 江戸を席巻した下り酒。灘五郷の日本酒

1300年頃から続く酒どころ西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の五つからなる灘五郷は清酒…

現役で走る国鉄時代の車両 キハ185系

国鉄が民営化され、JRになったのが1987年4月。2021年現在すでに34年の月日が経過しています…

乗り物酔い対策に。乗り物酔いに効くツボ

薬を使わずにできる乗り物酔いの対策を二つお教えします。1.手首のツボを押す手首のし…

歴史を歩く#5|酒問屋で賑わいをみせた江戸の新川の今と昔

酒問屋が軒を連ねた新川東京都の東西線茅場町駅、日比谷線八丁堀駅が最寄駅となり、門前仲町方面…

移動を楽しむために。寝台列車がオススメな理由

寝台列車で移動する良さって?かつては日本全国を駆け抜けていた寝台列車ですが、今ではサンライ…

大阪から北陸、東北へ!懐かしの寝台特急『日本海』と『つるぎ』

かつて全国各地をブルートレインが走り抜けていた頃、大阪から北陸方面に向かう寝台列車がありました。…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP