地域を繋ぐ活動

.local|誰もが地方に「もうひとつの居場所」を持つ時代に求められる体験を考える

ワークスタイルやライフスタイルの多様化が進み、都市部で勤務する人たちもテレワークを活用して地方へ居住を検討する人が目立つようになってきている。最近では「多拠点生活」という言葉にも注目が集まり、定住しないライフスタイルに挑戦する人たちも現れている。

群馬県吾妻郡にある嬬恋は最近ではキャンプ地としても注目を集めている場所。昨年ここに移住し、民家の一棟貸宿泊施設「Stay at Hitoyasumi」を運営しているカナコさんに、「もうひとつの居場所」を提供する取り組みを聞いてきました。

– 宿泊施設をはじめたきっかけを教えてください

やはりコロナ禍がきっかけです。

自然の中で過ごす体験。季節の変わり目を自然の匂いで感じるとか、子供の頃の自然体験は大人になって違ってくると思う。子供にとっての1年、2年はとても貴重ですよね。そんな大切な時期、周りを気にせず、家族だけで過ごせる場所を提供したい。と思ったのがきっかけです。

–Stay at Hitoyasumiに込められた想いを教えてください

私自身小さい時は当たり前に感じていて、自然の風景をあんまり気に留めることはなかったんです。でも都心で勤務したりしていると、改めて大人になって、移住してみて、毎日綺麗だなって思う様になった。都心だとボーッと眺める時間さえなかったりするので。

居場所が1つだと、煮詰まってても我慢して疲れてしまう。。

もやもやしてても、嬬恋に来ればスッキリできる。明日に進むための「ヒトヤスミ」のための場所。そういった想いも込めています。

この辺りは冬は休業する貸別荘も多いですが、できる限りオールシーズンやりたい。冬の厳しさ・良さも感じてほしいです。

–利用される方はどんな人が多いですか?

まだ始めたばかりですが、群馬県の方に泊まっていただくことも多いです。私も幼少期高崎市に住んでましたが、群馬にいても自然に触れることは実は少ない様な気がする。触れようと思わないと。

泊まった群馬県在住の家族からも、自宅の周りには子供に虫を見せられるところがなかった。と。地元の人にも自然に触れてほしい。

– 移住してみて

どこへ行っても空いている(笑)。

嬬恋は、自然・人との繋がりの両方で癒される場所ですね。役所や移住相談センターの人が話をちゃんと聞いてくれる。

去年8月に移住して。住んでみると色々、お風呂の水栓が割れちゃったり車の調子が悪かったり。ハプニングあったけど、周りの人が助けてくれた。

みんな支え合いながらじゃないと生きていけないからか、みんな優しい。

これからの”もうひとつの居場所”に求められる体験とは?

カナコさんに嬬恋地域をガイドしていただいた。「嬬恋」の名称にまつわる伝説、天明の浅間山の大噴火の凄まじさを物語る「鬼押出し園」、雄大な浅間山を間近で感じることのできる場所など、歴史・文化・自然に触れることで、その地域への愛着、想いは強くなり、その地域に関わっていくことへの誇りのようなもの、もっと知りたくなる、また訪れてみたくなる動機が生まれてくる。

シェアサービスや民泊などの普及によって、誰もが気軽に「もうひとつの居場所」を持つことができるようになる中、日常では体験できない「非日常性」だけではなく、その地域へ意識を向け、愛着を感じる、関わりを感じられるような体験が「もうひとつの場所」として選ばれるポイントになってくるのかもしれない。カナコさんのような来訪者と地域の橋渡しを担うホストの役割の重要性を感じた。

鬼押出し園|浅間山の天明の大噴火の規模を肌で感じる

今回の取材にご協力いただいた方

かなこさん

自然豊かな群馬県で育つ。海に憧れ大学卒業後、沖縄で3年間ホテルのセラピストとして働く。その後、東京での勤務を経て、現在はフリーランスとして「癒し」をテーマに活動中。2021年、日常から離れ、自分の心を取り戻す場所として一棟貸のお宿「Stay at HITOYASUMI」をオープン。

関連記事

  1. .local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える
  2. .local|新しい働き方で生まれる「関係人口」の可能性
  3. .local|「社会へポジティブな影響を残したい」ワーケーション…

おすすめ記事

歴史を歩く#1| 江戸を席巻した下り酒。灘五郷の日本酒

1300年頃から続く酒どころ西郷、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷の五つからなる灘五郷は清酒…

先祖への感謝、故人へ思いを馳せる旅|日本三大霊場の一つ恐山

青森県下北半島にある恐山は日本三大霊場の一つとして知られています。宇曽利山湖の湖畔にある恐…

キハ181系特急の迫力|四国の旅を支え続けた”南風”と”しおかぜ”

キハ181系の迫力を振り返る今回はTabinovaのYouTubeチャンネルからオススメの…

福男選びで有名な十日戎の開門神事とは?|西宮神社

関西地区では1月10日は「十日戎(とおかえびす)」として知られています。十日戎とは「七福神…

お得な切符情報|JR四国 バースデイきっぷ

JR各社はそれぞれにフリー切符と呼ばれるお得な切符を販売しています。今回はJR四国が販売してる「バ…

.local|誰もが地方に「もうひとつの居場所」を持つ時代に求められる体験を考える

ワークスタイルやライフスタイルの多様化が進み、都市部で勤務する人たちもテレワークを活用…

芭蕉の健脚を支えた、脚の疲れをとるツボ「足三里」

股引の破れをつづり、笠の緒付けかへて、三里に灸すゆるより、松島の月まづ心にかかりておくのほそ道 -…

全長5km。わずか7分足らずのミニ路線|美濃赤坂支線

全長5kmのミニ路線東海道本線は東京と神戸を結び、途中横浜、名古屋、京都、大阪など大都市を…

神話と歴史の趣を感じる路線|JR西日本 木次線

木次(きすき)線をご存知でしょうか?島根県の宍道駅と広島県の備後落合駅を結ぶ81.9kmを3時間ほ…

歴史を歩く#3 |昔は川だった!?東京都に多く存在する暗渠を巡る旅

全国各地には下水道の水路になったり、埋め立てられたりしてなくなった河川があります。特に東京都はその…

旅を快適に

  1. 烏山線の旅

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

広告

PAGE TOP