地域を繋ぐ活動

.local|「社会へポジティブな影響を残したい」ワーケーションを通した地域活動の可能性

ロビンソン・クルーソー島|写真提供 lenovo

先日、lenovo社が主催するグループインタビューへ参加してきました。

lenovo社は「Work for Humankind」をコンセプトにワーケーションを通じてボランティア活動をするプロジェクトを立ち上げ、チリの離島「ロビンソン・クルーソー島」で実証実験を行った。参加者はロビンソン・クルーソー島でテレワークで本業を行いながら週20時間のボランティア活動に従事する。

lenovo社の働き方に関する意識調査によると、世界10か国(日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、メキシコ、ブラジル、中国、インド)の10代〜50代以上の回答者の内、61%が「どこからでも仕事ができるのであれば、地域コミュニティへ恩返しをしたり、社会へポジティブな影響を残したりすることが非常に重要だ」と回答。

ボランティア活動としてグリーンハウスの設置など|写真提供 lenovo

実証実験には世界各国から様々な職種の方が応募し選抜される中、日本からはフリーランスクリエイターの山口智氏が参加された。グループインタビューでは山口さんから現地での仕事とボランティア、余暇の過ごし方についての報告を聞く場となった。

山口 智|写真提供 lenovo

山口さんが参加した回には世界各国から11名が集まり、ライター、獣医、海洋生物学者、デザイナーや登山YouTuber、都市設計家など様々な職種の方が集まり、それぞれの専門性を活かしながらボランティア活動に従事しながらそれぞれの時間を過ごしていたという。週の20時間をボランティア活動に従事することが条件とされていたが、山口さんもそれ以外の時間は日本のクライアントとのテレワークや余暇を楽しんだそうだ。

参加者の専門性が活かせる取り組みがポイント

山口さんへ、今回の参加者のような世界各国のボランティア活動や地域コミュニティに貢献した想いを持った人が「日本」に興味を持ち、同様の枠組みがあれば参加する可能性があるかを質問した。

山口さんからは「日本」という場は海外の人にとって大きな魅力の一つとなっている。ただあらかじめ決められたことを奉仕するようなボランティアではなく、参加する人が持つ専門性を活かした奉仕活動を柔軟に設計できるといいのでは。と指摘。

そのためには参加者の専門スキルへの理解と地域課題とをマッチングする役割が必要になる。今回のlenovo社の取り組みにはプロジェクトマネージャーが2名、現地に滞在しており、参加者の特性に合わせた活動内容を組み立ていったという。山口さんは自身のこれまでのキャリアを活かし、島の飲食店のマーケティング支援なども担当されたそうだ。

レノボが既存施設を改修してつくったテクノロジー・ハブ|写真提供 lenovo

地域とつながりたい想いに応える体験を

今後も継続的にロビンソン・クルーソー島へ関わっていきたいとおっしゃる山口さん。ボランティア活動を通した地域との関わりは、リピート訪問をしたり、オンラインを通じて継続的な関わりを持ちたい人が多い傾向にある。最近では「副業」も大手企業の中で解禁する動きもみられることから、ワークとバケーションの両立に加え、ボランティアや副業が掛け合わさることで新しい働き方、関係人口の創出に繋がっていくのではないか。

関連記事

  1. .local|新しい働き方で生まれる「関係人口」の可能性
  2. .local|誰もが地方に「もうひとつの居場所」を持つ時代に求め…
  3. .local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える

おすすめ記事

乗り物移動の悩み解決!|むくみに効くツボ

乗り物で移動するときに悩みの一つに脚のむくみがあります。むくみは長時間同じ姿勢でいたりすると出てき…

山陰本線を走っていたキハ181系特急列車

今も昔も米子駅は山陰本線を西と東に分けるターミナル駅です。2021年には国鉄時代から親しま…

重要なのは振り子の原理!?旅歩きに最適な靴とは?選び方のご紹介

旅先でしっかりと歩き回るには、目的に適した靴を選ぶことが重要です。歩きやすい運動靴であれば何でも良…

伝承の足跡を辿る旅|三種の神器にまつわる徳島の地名や伝承

三種の神器とは草薙剣の他に八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)と八咫鏡(やたのかがみ)の二つを合わせた…

乗り物酔い対策に。乗り物酔いに効くツボ

薬を使わずにできる乗り物酔いの対策を二つお教えします。1.手首のツボを押す手首のし…

在来線の旅|越美北線

越美北線とは?越美北線は福井県内の越前花堂と九頭竜湖の間、全長52.5kmを結ぶ路線です。…

歴史を歩く#2 |江戸時代からの風習が関係している!?名古屋のモーニング

名古屋の食文化となったモーニング食文化の豊かな名古屋には味噌カツ、海老フライ、ひつまぶし、…

福男選びで有名な十日戎の開門神事とは?|西宮神社

関西地区では1月10日は「十日戎(とおかえびす)」として知られています。十日戎とは「七福神…

国鉄時代を今に伝える#2 |ヘッドマークが懐かしい!伯備線 381系特急やくも

かつて日本全国を様々な愛称の特急列車が駆け抜けていました。クリーム色の車体に赤のラインで統…

歴史を歩く#5|酒問屋で賑わいをみせた江戸の新川の今と昔

酒問屋が軒を連ねた新川東京都の東西線茅場町駅、日比谷線八丁堀駅が最寄駅となり、門前仲町方面…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP