旅に出たくなる雑学

歴史を歩く#4|280種類も確認されている薬草の宝庫。伊吹山の歴史・伝承について

岐阜県と滋賀県の間に位置する伊吹山は古くから薬草の産地として知られています。

東海道新幹線の米原〜岐阜羽島間の車窓から雄大な姿を見られることで伊吹山ですが、ここでは280種類もの薬草が確認されています。

伊吹山にまつわる歴史・伝承

日本海側と太平洋側の気候を分ける場所に位置していることが、多様な薬草が育つ環境としてあげられますが、そうした地理的な要因に加えて、戦国時代に織田信長が当時来日していたポルトガルの宣教師に、この地に薬草園を作ることを許可したことでたくさんの薬草が育ったという歴史もあります。

当時日本に渡ってきたものが今でも野生で多く見られるそうです。

さらに古い話だと伊吹山の荒ぶる神を退治しに来たヤマトタケルは、返り討ちに遭ってしまい下山後しばらくして亡くなってしまいますが、この時ヤマトタケルは伊吹山に自生するトリカブトの毒で撃退されたのではないか、とする説もあります。

ちなみにトリカブトは猛毒として知られていますが、適切に処理をすると薬草として使えます。

伊吹山のもぐさ

こうした数ある伊吹山の薬草で最も代表的なものはお灸に使われるもぐさでしょう。

百人一首の

かくとだにえやはいぶきのさしも草さしも知らじな燃ゆる思いを

百人一首 藤原実方

という藤原実方の歌にも登場していて、古くから伊吹山のもぐさは知られていました。

伊吹山で採れるよもぎは良質で、そこから作られる伊吹山産のもぐさは今でも高級もぐさの代名詞になっています。

もぐさはよもぎの葉の裏側にある綿毛を乾かして作ります。このもぐさを体の上に乗せて火をつけるのがお灸です。

先人の旅に習って

昔は旅の際には皆お灸をしていました。

『おくのほそ道』で有名な松尾芭蕉をはじめ、長距離を歩いた昔の旅人は足にお灸をして疲労を取り除いていました。

よもぎに限らず薬草は、ハーブティーやアロマセラピー、あるいは薬局で手に入る市販の漢方薬などとして、様々な形で今も私たちの日常に取り入れられています。

こうした古くから伝わる養生法も上手く使いながら体調を整えて旅を楽しみたいですね。

関連記事

  1. 昭和の鉄道旅を辿る|碓氷峠と峠の釜飯
  2. 出雲大社の巨大神殿に想いを馳せる
  3. 国鉄時代を今に伝える#1|非電化区間を駆け抜けるタラコ色。キハ4…
  4. 沖縄のせんべろ
  5. 北陸本線を駆け抜けた特急列車
  6. 在来線の旅|越美北線
  7. 歴史を歩く|平泉の義経と芭蕉 〜 兵どもが夢の跡
  8. 日本神話の世界|黄泉平坂 〜あの世への入り口!?〜

おすすめ記事

山陰本線を走っていたキハ181系特急列車

今も昔も米子駅は山陰本線を西と東に分けるターミナル駅です。2021年には国鉄時代から親しま…

深夜移動の楽しさを満喫|寝台特急サンライズ瀬戸

寝台特急サンライズ瀬戸の車内レポート動画のご紹介です。快適な深夜の移動を楽しんでみてください。

これで旅も快適!|外反母趾の痛みをやわらげるテーピング術

外反母趾とは親指が内側に曲がってしまう症状のことです。程度は人それぞれですが、歩くのが辛くなってし…

乗り物酔い対策に。乗り物酔いに効くツボ

薬を使わずにできる乗り物酔いの対策を二つお教えします。1.手首のツボを押す手首のし…

出雲街道を行く

”出雲街道”とはかつて姫路から出雲を中国山地を越えて結んだ約250kmにわたる旧街道です。播磨国(…

JR切符の基礎知識① 運賃と料金について

JRの切符には色々なルールがあります。これらを知っておくとお得に旅ができることも少なくありません。…

JR長距離切符の有効期間を活用した「のんびり途中下車の旅」

長距離切符は途中下車ができるJRの長距離切符には、営業キロに合わせた有効期間があって、その…

JR東海|豊橋駅のおすすめと見所

今回は東海道本線の在来線旅の際に乗り換えで一旦下車することが多い愛知県豊橋駅の楽しみ方をご紹介して…

民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野

岩手県遠野は民話の故郷としてして知られています。かつてこの地出身の佐々木喜善が語った現地に伝わる話…

食事がもっと楽しくなる “基本味” の話|旅先のお酒と料理を楽しむ

旅先ではその土地の郷土料理や地酒に出会うのも楽しみの一つではないでしょうか。最近では「吟醸…

旅を快適に

  1. 烏山線の旅

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

広告

PAGE TOP