旅に出たくなる雑学

北陸本線を駆け抜けた特急列車

かつて北陸本線は滋賀県米原から新潟県直江津まで結んでいましたが、北陸新幹線の開業に伴い区間内で第三セクターへの移管が進み、2024年3月の北陸新幹線敦賀延伸後は米原から敦賀までの区間のみと大幅に短縮されました。

全国各地に新幹線が走り出すとそれと並行する在来線は大幅に運行状況が変わります。北陸本線もその例に漏れません。特にかつては”特急街道”とも呼ばれるほど頻繁に特急列車が走っていた華やかな路線だったことがよく知られていますので一昔前には今の姿は想像もできませんでした。

今回は筆者の記憶とかつて国鉄からJR発足後間もない時期に撮影した資料をたどりながら往年の名列車を一部紹介していきたいと思います。

大阪から金沢、富山といった北陸の主要都市を結び、一部は新潟まで足を伸ばしていました。大阪駅に行けば必ずみることができる特急列車のエース的存在で、のちにサンダーバードと名称を変えて北陸新幹線延伸後も関西と北陸の玄関口である敦賀を結ぶ役割を担っています(1988年大阪駅)

大阪と青森を長距離を結んだ伝説的な存在の特急列車。 一日一往復という希少性もあり、大阪駅に停車する姿には独自の風格を漂わせていました。 12時間を超える列車の旅を一度は経験してみたかったものです(1988年大阪駅)

名古屋と北陸主要都市を結ぶ今も走り続ける列車。かつては富山まで足を伸ばしていましたが、北陸新幹線の延伸と共に敦賀までとなりました(1986年金沢駅)

新幹線の停車駅である米原から金沢、富山を結んでいました。後にしらさぎに統合され加越の愛称は姿を消しました(1986年金沢駅)

金沢から東の長岡、新潟を結んでいました(1986年金沢駅)

首都圏と北陸を結んでいました。上野〜金沢間を碓氷峠を越えて6時間半ほどかけて走り抜けていました(1987年上野駅)

大阪~青森、青函トンネル開通後は函館まで走っていた寝台特急。1日二往復で日が暮れかけた大阪駅で出発を待つ姿が旅情を誘いました(1988年大阪駅)

大阪と新潟を結んだ寝台特急。距離が短いこともあり大阪駅は22時過ぎの出発、到着も早朝で写真を撮影するのが大変だった記憶があります(1988年大阪駅)

上野と金沢を上越本線経由で結んでいました(1991年上野駅)

485系,489系といった国鉄色の特急列車がヘッドマークを掲げながら北陸本線を駆け抜けていたのも随分と昔の光景になってしまいました。もちろん今ほどの速達性はありませんでしたが駅弁を食べながら過ごす車内や個性豊かなヘッドマークや行き先表示板に示される遠くの街の名前に心躍らせた日々はいつまでも記憶に残っています。

ブルートレインもなくなる時代が来るとは思いもしませんでしたが、夜行列車は欧州では環境への負荷の少なさから復活傾向にありますので、今やサンライズだけとなってしまった日本でも多様な旅のスタイルの一つの選択肢としてまた走り出す日が来ることを願ってやみません。

関連記事

  1. 歴史を歩く#3 |昔は川だった!?東京都に多く存在する暗渠を巡る…
  2. 食事がもっと楽しくなる “基本味” の話…
  3. キハ181系特急の迫力|四国の旅を支え続けた”南風&…
  4. 出雲街道を行く
  5. 昭和の鉄道旅を辿る|碓氷峠と峠の釜飯
  6. 歴史を歩く#1| 江戸を席巻した下り酒。灘五郷の日本酒
  7. 東北地方に残る民間信仰「オシラサマ」をご存知ですか?
  8. 出雲大社の巨大神殿に想いを馳せる

おすすめ記事

各地の風習を楽しむ|雑節の半夏生に食べる蛸と鯖。その理由とは?

雑節の一つ「半夏生」半夏生(はんげしょう)をご存知でしょうか?これは夏至の11日後…

蚊遣の置物。なぜ豚なのかご存知ですか?|蚊遣り豚の歴史 

夏になると蚊に悩まされることが多くなり大変ですね。現在は蚊取り線香を始め、様々な虫除けの手段があり…

神話を辿る旅|美保神社

島根県松江市の美保神社は事代主神(ことしろぬしのかみ)と三穂津姫命(みほつひめのみこと)をお祀りす…

民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野

岩手県遠野は民話の故郷としてして知られています。かつてこの地出身の佐々木喜善が語った現地に伝わる話…

神話と歴史の趣を感じる路線|JR西日本 木次線

木次(きすき)線をご存知でしょうか?島根県の宍道駅と広島県の備後落合駅を結ぶ81.9kmを3時間ほ…

キハ181系特急の迫力|四国の旅を支え続けた”南風”と”しおかぜ”

キハ181系の迫力を振り返る今回はTabinovaのYouTubeチャンネルからオススメの…

北の玄関口「上野駅」を彩った寝台列車

かつて上野駅は東京の北の玄関口として重要な役割を担っていました。中でも寝台列車は特別な存在でした。…

出雲街道を行く

”出雲街道”とはかつて姫路から出雲を中国山地を越えて結んだ約250kmにわたる旧街道です。播磨国(…

.local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える

都心で展開される自治体のアンテナショップは、県で展開しているものに加え市町村単位で展開され…

烏山線の旅

久しぶりに乗車目的の旅に出ることができました。今回は栃木県内を走る烏山線に乗ってきました。宇都宮か…

旅を快適に

  1. 烏山線の旅

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

広告

PAGE TOP