旅に出たくなる雑学

1日2往復。国鉄特急色の381系やくもが復活

40年にわたり特急やくも号として伯備線を走り続けた国鉄型特急381系も引退が近づいてきました。
2022年7月現在のやくも号まだ381系のみの運用ですが、2024年春までに新しい車両と順次入れ替わることが決まっており、今後置き換えが進んでいくものと思われます。

引退を前に2022年春より一編成がクリーム色と赤色を使用したかつての国鉄色に塗装を変更し、岡山出雲市間を一日2往復走っています。

長年やくも専用色を見慣れていましたが、やはり国鉄型特急にはこの色が一番似合うと改めて感じます。
国鉄時代のデザインは本当に秀逸で日本の原風景に違和感なく溶け込む配色が選ばれており特急色もその典型です。

国鉄色の特急やくも

この車体に地域の特性をよく表した列車の名称とヘッドマークを掲げて駆け抜ける姿はまさに”特別急行”といった感じです。

かつてはこのような光景が全国各地で当たり前のように見られましたがそれも遠い昔の話になってしまいました。

しかしながら今後1,2年は伯備線で国鉄色やくもの姿を見ることができます。

国鉄時代を彷彿とさせるその勇姿を目に焼き付けに現地を訪れてみてはいかがでしょうか?

2022年7月現在国鉄色やくも運行予定(車両運休の日もありますので運行状況はご確認ください)

  • やくも8号 出雲市7:22発 岡山10:35着
  • やくも9号 岡山11:05発 出雲市14:12着
  • やくも24号 出雲市15:30発 岡山18:39着
  • やくも25号 岡山19:05発 出雲市22:11着
車内放送では懐かしい鉄道唱歌が流れ昭和の旅を感じることができます
米子駅を出発し出雲市に向かうやくも25号

米子駅は駅舎の改築が進んでいますが、ホームは国鉄時代と変わらずタイムスリップしたような光景です

関連記事

  1. 森と水とロマンの鉄道|JR東日本 磐越西線
  2. 福男選びで有名な十日戎の開門神事とは?|西宮神社
  3. キハ181系特急の迫力|四国の旅を支え続けた”南風&…
  4. 神社散策を楽しもう!|夏越の祓
  5. 新宿から約1時間で行ける。江戸庶民に親しまれた大山詣り
  6. 民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野
  7. 大阪から北陸、東北へ!懐かしの寝台特急『日本海』と『つるぎ』
  8. 歴史を歩く|平泉の義経と芭蕉 〜 兵どもが夢の跡

おすすめ記事

歴史を歩く#5|酒問屋で賑わいをみせた江戸の新川の今と昔

酒問屋が軒を連ねた新川東京都の東西線茅場町駅、日比谷線八丁堀駅が最寄駅となり、門前仲町方面…

知ってお得に旅しよう!|JR特急の乗継割引について

JRには知っていると得する運賃や料金のルールがあります。今回は新幹線、寝台特急と在来線特急の乗り継…

各地の風習を楽しむ|雑節の半夏生に食べる蛸と鯖。その理由とは?

雑節の一つ「半夏生」半夏生(はんげしょう)をご存知でしょうか?これは夏至の11日後…

民話の故郷を訪ねて|岩手県遠野

岩手県遠野は民話の故郷としてして知られています。かつてこの地出身の佐々木喜善が語った現地に伝わる話…

.local|新しい働き方で生まれる「関係人口」の可能性

テレワークや、コワーキングスペースの活用が企業に浸透し始める中、コロナ禍を体験し、ワー…

現役で走る国鉄時代の車両 キハ185系

国鉄が民営化され、JRになったのが1987年4月。2021年現在すでに34年の月日が経過しています…

乗り物移動の悩み解決!|むくみに効くツボ

乗り物で移動するときに悩みの一つに脚のむくみがあります。むくみは長時間同じ姿勢でいたりすると出てき…

福男選びで有名な十日戎の開門神事とは?|西宮神社

関西地区では1月10日は「十日戎(とおかえびす)」として知られています。十日戎とは「七福神…

.local|地域と都市部をつなぐ”場”が持つ体験価値を考える

都心で展開される自治体のアンテナショップは、県で展開しているものに加え市町村単位で展開され…

これで旅も快適!|外反母趾の痛みをやわらげるテーピング術

外反母趾とは親指が内側に曲がってしまう症状のことです。程度は人それぞれですが、歩くのが辛くなってし…

旅を快適に

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

PAGE TOP