旅に出たくなる雑学

北の玄関口「上野駅」を彩った寝台列車

かつて上野駅は東京の北の玄関口として重要な役割を担っていました。中でも寝台列車は特別な存在でした。日が暮れてから各地に向かう姿、そして朝早くに到着する姿、ともに憧れの存在でした。

特に行き止まり式のホームに出入りする姿は旅情に溢れていました。

今回は1991年に上野駅を発着していた寝台列車を当時撮影した資料と画像と共にご紹介していきます。

1. 寝台特急北陸

上野と金沢を上越線経由で結んでいました。2010年廃止。

2. 寝台特急出羽

上野と秋田を上越本線経由で結んでいました。1993年廃止。

3.寝台特急鳥海

上野と青森を羽越本線経由で結んでいました。寝台特急の前は昼行特急でした。1997年廃止。

4. 寝台特急あけぼの

上野と青森を奥羽本線経由で結んでいました。この写真は2013年のもので、この当時は上越線経由に変更されていました。2014年廃止。

5. 寝台特急北斗星

上野と札幌を結んでいました。青函トンネル開通に合わせて登場。2015年廃止。これが最後のブルートレインとなりました。

6.寝台特急ゆうづる

上野と青森を常磐線経由で結んでいました。写真は583系寝台電車ですがブルートレインもありました。1994年廃止。

7.寝台特急はくつる

上野と青森を東北本線経由で結んでいました。1994年からはブルートレインに置き換えられ2002年廃止。

寝台列車の復活を願う

この他にも寝台急行もあり、東北、北陸方面と首都圏を移動する列車には様々な選択肢がありました。

地域の特徴が込められた様々な名称の列車と共に個性溢れるヘッドマークを追いかけるのがとても楽しかった記憶があります。列車を知ることで日本地理に強くなりました。

今となっては定期運行の寝台列車はサンライズ 号のみとなってしまい寂しい限りです。欧州では環境保護や利便性の面から寝台列車が見直され復活する流れになっています。

鉄道ファンとして日本もそうなっていくことを願うばかりです。

関連記事

  1. 1日2往復。国鉄特急色の381系やくもが復活
  2. 山陰本線を走っていたキハ181系特急列車
  3. 伝承の足跡を辿る旅|三種の神器にまつわる徳島の地名や伝承
  4. 昭和の鉄道旅を辿る|碓氷峠と峠の釜飯
  5. 森と水とロマンの鉄道|JR東日本 磐越西線
  6. 歴史を歩く#5|酒問屋で賑わいをみせた江戸の新川の今と昔
  7. 歴史を歩く|平泉の義経と芭蕉 〜 兵どもが夢の跡
  8. 日本神話の世界|黄泉平坂 〜あの世への入り口!?〜

おすすめ記事

森と水とロマンの鉄道|JR東日本 磐越西線

森と水とロマンの鉄道磐越西線は福島県の郡山から会津若松を経由して新潟県の新津まで伸びる全長…

旅人の体験をデザインする。 – 柳田國男「旅人の爲に」を読んで 1/2

旅は要するに転換であり、人生の一本調子に綾を附ける試みであつた。豆の葉と太陽 -旅人の爲に - …

蚊遣の置物。なぜ豚なのかご存知ですか?|蚊遣り豚の歴史 

夏になると蚊に悩まされることが多くなり大変ですね。現在は蚊取り線香を始め、様々な虫除けの手段があり…

知ってお得に旅しよう!|JR特急の乗継割引について

JRには知っていると得する運賃や料金のルールがあります。今回は新幹線、寝台特急と在来線特急の乗り継…

国鉄時代を今に伝える#1|非電化区間を駆け抜けるタラコ色。キハ40とキハ47

現役の国鉄型車両JRが発足したのが1987年の春です。それ以前の国鉄時代に走ってい…

東北地方に残る民間信仰「オシラサマ」をご存知ですか?

青森や岩手に残る民間信仰青森や岩手にはオシラサマという独特の信仰があります。これは古い昔話…

新宿から約1時間で行ける。江戸庶民に親しまれた大山詣り

古くから信仰のあった大山神奈川県伊勢原市にある「大山」は、常に雲や霧を生じ、雨を降らすので…

福男選びで有名な十日戎の開門神事とは?|西宮神社

関西地区では1月10日は「十日戎(とおかえびす)」として知られています。十日戎とは「七福神…

歴史を歩く#4|280種類も確認されている薬草の宝庫。伊吹山の歴史・伝承について

岐阜県と滋賀県の間に位置する伊吹山は古くから薬草の産地として知られています。東海道新幹線の…

大阪と北陸・東北を結んでいた懐かしの485系特急『雷鳥』と『白鳥』

485系特急の思い出かつて国鉄が民営化されJ Rが発足する前後の時期、当時は小学校高学年で…

旅を快適に

  1. 烏山線の旅

旅先のからだケア

旅に出たくなる雑学

広告

PAGE TOP